コミュニケーションを大事に

責任感のあるエンジニアと働きたい

コミュニケーションを大事に

責任感のある

エンジニアと働きたい

大手総合商社(関連企業)システム部門 
太田朱美さま

事業内容 / システムの運用、保守

従業員数 / 1700名強

コミュニケーション力を備えたエンジニアを求めたい

西牧:

太田さんのチームではどんなタイプや特性があるエンジニアを求めていますか。

太田氏 :

必要としている技術要素はプロジェクトごとで異なってきますが、(現在のプロジェクトにおいては)SAP技術に特化している人を求めています。
一方で技術力が高いだけでは足りず、コミュニケーションがしっかり取れることが大前提と考えています。
具体的には、困っていることの情報共有がちゃんと出来たり、技術以上に人とコミュニケーションをしっかりとれ責任を持って進めていける人を全部署共通で求めております。

リーダー層の採用が課題

西牧:

今後アプローチしていきたい層はどのあたりでしょうか。

太田氏 :

リーダー層です。現状非常に不足しており、不足しているがために新しいPJが受注出来なかったりだとか、チーム編成が組めないなど問題がおきております。
若手はたくさん育ってきているのでその方々をまとめたり、プロジェクト内での問題を洗い出したり、そういったことに対応できるリーダーにアプローチしていきたいです。
これは会社全体でも課題と認識しています。

西牧 :

リーダー層のエンジニアは現在市場にいないのでしょうか。

太田氏 :

市場におらず、枯渇している状況ですね。

西牧 :

話は少し変わりますが、案件受注と採用のバランスは各社課題があると認識しています。
PM採用したいけれど、まずは案件が走っていないと採用も進められない、一方、採用はできたけれどプロジェクト失注などのケースをよく耳にします。
人員調達はプロジェクト開始のどのくらい前からはじめてますか。

太田氏 :

一概にはいえないですが、1ヶ月切ってから集め始めるケースもあります。
プロジェクトが確定になってからなのでぎりぎりです。

部署間連携のポテンシャル

西牧 :

そうなると、部署やチームを越えて、人材情報の部署間連携を取ることが大事になってきますよね。
太田さんのチームや会社全体では部署間での人材情報連携は取り組まれていますか?

太田氏 :

いいえ、できておらずそこは課題です。パートナー推進部が取り組んではいますが、上手く機能していない状態です。
部署を越えて常に人を探しているので、サービスで自社に関わったことのある人や、いま関わっていることがわかるようになると良いですね。

長期的な目線での人員計画の実現に期待!

西牧 :

エンジニアバンクの活用でどのような効果を期待したいですか?

太田氏:

プロジェクトなど先の不透明感に関して、臨機応変に対応できるエンジニアとあらかじめコンタクトが取れたら嬉しいです。
長期的な目線でエンジニア確保ができるサービスを期待したいです。

西牧 :

貴重なお声をありがとうございました!