新しいことに積極的に取り組む姿勢、

エネルギーを持ち合わせる

若手エンジニアに期待!

新しいことに積極的に取り組む姿勢

エネルギーを持ち合わせる

若手エンジニアに期待!

大手外資系メーカー  伊吹さま

事業内容 / 通信インフラ向け製品及び
            ソリューション提供

従業員数 / 国内外含め 20,000名以上

ベテランエンジニアに学ぶ高い技術と顧客志向

西牧:

現在伊吹さんは採用にも関わっているのですか?

伊吹氏 :

エンジニア(SE)の直接的な採用は担当しておりませんが、採用への影響力は持っています。
現状、長期的に勤めているメンバーで安定しており、みなさん在籍6年以上となっています。

西牧:

最短でも6年は在籍されているのは素晴らしい定着率ですね!
エンジニアの定着率が高い理由はなんですか?
何か特別な取り組みをされているのでしょうか。

伊吹氏 :

自社の場合は同じ技術の分野でその技術を深掘りできることが特徴です。
特別な取り組みというわけではないのですが、自社で取り扱っているWi-Fiの分野で、一人ものすごく優秀な人がいて、Wi-Fiの世界では日本で1位、2位くらいのレベルです。
そのエンジニアと働くことに意味を感じているメンバーが多いように感じます。

西牧:

皆様が御社で働くことにこだわっている理由として、優秀なエンジニアと一緒に働けるというのは大きな動機になっているわけですね。

課題を正しく認識する。
コミュニケーションの姿勢で信頼されるSEへ

西牧:

伊吹さんのチームのエンジニアはどのような指向性の方が多いですか?
なにか統一された要素があれば教えていただきたいです

伊吹氏 :

いい質問ですね。
業務はパートナーに対して仕掛けをしてくような営業スタイルでして、お客様と信頼を築いていく事が大変重要になります。
コミュニケーションを大事にできるエンジニアがチームに多く在籍しております。エンジニアでありがちなのが、お客様に上から目線な技術話や意図しない内容の話をしてしまうことです。

SEはお客様の話を聞いて課題をどう認識して、どう答えていくかで頼られるSEとそうでないSEに分かれます。お客様の話をしっかりと聞いて課題を正しく認識する。そういった姿勢を持っていることが大変重要になります。

あとは外資系でよくあるのですが「役割期待」ジョブ・ディスクリプションですね。業務担当ごとに明確な分業をすることが多く、何かトラブルなどが発生しても、その担当者に丸投げしてしまうことが多々見られます。

自社の社員(SE)は、例えばホストトラブルとかで揉めてしまった時なども、プロアクティブにセールスに手を差し伸べ協力して解決していて非常に助かっています。SEとセールスはお客様と会話しながらお客様の目線で仕事をしてほしいと思います。とにかく会話をしてほしいです。

そういった意味では双方向的な会話を意識してくれるエンジニアだと嬉しいですね。お客様にとって聞きたくない話をしなければいけない場面とかもあると思うのですが、その際もしっかり正しく伝えてくれる強さも必要だと考えます。

SEはどれだけお客様から信頼を得られるか、それは技術的なところだけではなくて、その人のトータル的なバリューを日々の立ち振る舞いの中で認めてもらえるようになってほしいです。なるべくエンドユーザーに近いところで会話してほしいですね。

西牧 :

どこの会社も「顧客目線でのコミュニケーションの意識は持ち合わせて欲しい」という気持ちは持ちつつも、そのようなエンジニアを採用することが難しいというのは共通の課題として挙げられますよね。

教育体制をしっかり整えて顧客目線でのコミュニケーションが取れるような育成を行なっているのでしょうか。

伊吹氏 :

それが、教育の仕組みがしっかりしているかというとそうでもないんです。技術力の高いエンジニアがいて、その後ろ姿を見て学んでいます。
お客さんのところに一緒に行って、話し方など見ながら成長しております。そのエンジニアは技術力のみならず、お客さんとの信頼関係獲得において今社内でその人を上回る人はいないくらいです。

どうやってその能力を身につけたかというと、若い時に責任を持つ仕事を任せられて、経験の中で痛みも味わって、自分はこうあるべきと行った形を確立していったそうです。なので失敗の経験も次のステップにどう活かすかですよね。

マネージャーは若手エンジニアと共に失敗に対して振り返り、次につなげるための適切なコーチングをすることも大切だと考えます。

西牧 :

教育という形ではなく現場に出ながらフィードバックを重ねて顧客目線でのコミュニケーションの取り方を育成しているのですね。

コミュニケーション力の基礎は発信すること

西牧 :

御社の社員のようになるためにエンジニアがもともと持ち合わせていなければならない要素はありますか?

伊吹氏 :

信頼を得るためには確かに技術力は不可欠です。

西牧 :

プラスしてヒューマンスキル的な部分だとコミュニケーションにおいて前向きな姿勢は必須になってきますよね。

伊吹氏 :

そうですね。社内でも言われれば助けてくれる人はいますが、なかなか声を発せないエンジニアもいます。なので、営業にはMTG議事録などをみんなに開示するように指示しています。

そうするとSE側から「こういう提案できない?」などコメントがきたりSEも自らの発信のビジビリティをあげるために、みんなで情報をシェアすることを意識しています。

西牧 :

意見を言っていいというチームの雰囲気も大事ですよね。エンジニアから声をあげていいのか不安な事もあると思うので発信しやすい環境を用意することも大事ですね。

新しいことに取り組む前向きな気持ちを持つ若手に注目!

西牧 :

今後御社の展開も見据えたときにどのようなエンジニアに積極的にアプローチしていきたいですか?

伊吹氏 :

今後は特に若手エンジニアに積極的にアプローチしていきたいです。技術力は多少若くても、色々な事をを習得していこうという前向きな気持ちを持ち、お客様とのインタラクションを好む方がいらっしゃればぜひ!!

あとは自分で新しいことに取り組める気持ちを持ち合わせているエンジニアにはアプローチしていきたいですね。

西牧 :

最後になりますが、エンジニアバンクの活用によりどのような効果を期待したいですか?

伊吹氏 :

現在は既存の決まったサービスやエージェントを介して採用活動を行なっているので今後は市場にいるエンジニアの情報収集の新しいチャネルになることを期待したいです。